待望の新型LSがデビュー!

レクサスのフラッグシップセダンが11年ぶりにフルモデルチェンジしました。LEXUSの象徴として大きな変革を果たした5代目LSの魅力に迫ります。

威厳と美が奏でる存在感
従来のセダンと一線を画す、斬新で流麗なシルエットが特徴の新型「LS」。新開発のプラットフォームが生み出した低い構えのスタイリング、フロントからリヤへ抜けるシャープなボディ、ダイナミックに突き出すフェンダーが躍動的な走りを予感させます。また新たに開発されたボディカラーは、レクサス独自の塗装技術を更に進化。金属を削り出したような印象が特徴で、ボディ造形の抑揚を強調し存在感を際立たせています。フラッグシップの威厳と官能性や圧倒的な美しさを併せ持つ、まさに変革の一台といえるでしょう。

独創的で快適な特等席
「運転しやすい」これはどのドライバーにとっても重要な条件です。この「当たり前」を徹底追求しているのが新型LS。ホールド性に優れた運転席はどんな体格のドライバーでも長時間快適に座ることのできるよう、一人一人に最適なサポート位置に合わせてきめ細かく調整が可能。操作系のスイッチやレバーも機能的に配置され、快適で心地よい空間になっています。また琴や茶道具など日本の美意識にインスピレーションを得た意匠でレクサスならではの独創的な世界を楽しめるのも魅力の一つです。

走りの基本性能、安全性もより進化
「LS500」は新開発のV6ターボエンジンの採用で、圧倒的な静粛性とフラットなトルク特性を活かし、爽快な加速フィーリングを実現。DirectShift-10ATとの組み合わせで、10速化によるクロスギヤステップと切れ味の良い変速をより高次元で両立しています。

「LS500h」ハイブリッドモデルは、2つのモーターを使用したシステムと有段ギアによりエンジンとモーター両方の出力制御が可能に。低速からの力強い駆動力、燃費性能に優れた快適な走行が期待できます。さらに最先端の予防安全パッケージを搭載。「歩行者注意喚起」や衝突回避の領域での「操舵回避」など、安全で快適なドライビングをサポートしてくれます。

初代誕生からセンセーショナルな一台として世界の高級車と肩を並べてきたLS。躍進し続けるレクサス渾身の一台が大人の感性を刺激し、上質で特別な時間を与えてくれるでしょう。

lexus01
ドライバーの意図と調和した操蛇運転、レーンチェンジの運転支援機能も。カーブが多い高速道路や渋滞時でも途切れないドライビングサポートを実現。

lexus02

lexus04

lexus05 lexus06

日本の美意識が漂うインテリア。琴や茶道具の茶筅に、インスピレーションを得たデザインが随所に。圧倒的な静粛性、広々と寛げる心地よさ、ラグジュアリーの真髄を感じるドライビング空間です。
lexus03
早朝の歩行者検知・交差点進入時における接近車両の検知・注意喚起など、衝突回避を支援する予防安全システム搭載。

取材協力 レクサス藤沢
取材協力 レクサス都筑見花山

 

レクサス藤沢


藤沢市辻堂新町4-3-2
TEL:0466-33-5550
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日
レクサス藤沢HP

 

レクサス都筑見花山


横浜市都筑区大丸21-1
TEL:045-948-0021
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日 他
レクサス都筑見花山HP

編集部イチオシ

  1. 横浜ロイヤルパークホテル、68F フレンチレストラン「ル シエール」

    11/22「いい夫婦」の日。ふたりで過ごす特別な時間を。

    11月22日は「いい夫婦」の日。 おふたりで大切なひとときをお過ごしください。 横浜ロイヤルパー…
  2. ランドマークタワー49Fからの眺望、インターコンチネンタル等、みなとみらいが見える

    Anda10月号プレゼント~ランドマークフィットネスクラブ/特別ご招待券

    横浜ロイヤルパークホテル49F 天空の極上フィットネスを無料体験(ペア10組20名様) 横浜ロイ…
  3. 帽子のデザイン性とヘルメットの安全性がひとつになったカポル

    カジュアルな着こなしが楽しめる自転車用ヘルメット

    帽子感覚で安全・安心をオシャレに! アーバンスタイルで自転車に乗りたい人に人気のアイテム 健…
  4. GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ)

    国内累計販売台数50万台達成記念特別仕様車“Black Sequence”

    GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ) LEXUS、GS、I…

美味だより

  1. 全席オーシャンビュー、リゾート気分を満喫
  2. 基本の一飯一汁と向付に副菜
  3. 特別な日にこそいただきたい本格フレンチの一品
ページ上部へ戻る