【編集部日誌】大黒埠頭のスカイウォーク横浜が復活 ベイブリッジを通過する客船を見学

2019大黒ふ頭

【某編集の休日散歩】2019年5月12日 大黒ふ頭 スカイウォーク横浜
横浜ベイブリッジに併設された「スカイウォーク横浜」が4月に復活したので行ってきた。

2010(平成22)年に一旦閉鎖されたが、2019年4月、クイーン・エリザベスの大黒埠頭着岸を受け、埠頭に着岸する超大型客船やベイブリッジ下を通過する客船の見学施設として無料開放されることとなった。

この日は、17時に大さん橋を出港するにっぽん丸を撮影しようと訪れたが、スカイウォーク到着が17時となってしまい、やむなく去りゆく姿をスカイプロムナードから撮影。ベイブリッジからのショットを狙うなら出港予定より少し早めに訪れたほうがよさそうだ。

展望室まで片道4分ほど掛かるため、同日出港予定のマルタ船籍 アザマラ・クエストの出港まで、ゆっくりと施設内を見学することに。
各所に設けられたコイン式の望遠鏡はすべて無料。また、フェンスには撮影スポットとして穴もあけられており、あちこち撮影しながら歩くうちに十分時間はつぶせた。
おかげで埠頭から見上げるのとはまた趣の違う、迫力ある写真を撮ることができた。
大型客船がベイブリッジを通過する際にはホールの照明を落とすなど心にくいサービスもあり楽しめた(ガラス越しの撮影の際の写りこみ防止)。

↓クリックすると拡大されます

●解放日は、大黒ふ頭に客船が着岸する土日祝とベイブリッジの下を客船が通過する土日祝のみ。入館は無料です。

スカイウォーク横浜
●鶴見駅前(東口6番のりば)から
横浜市営バス17系統で「スカイウォーク入口」下車3分(平日・土曜日のみ)
「大黒ふ頭」(休日のみ)下車3分
●横浜駅前(東口14番のりば)から
横浜市営バス109系統スカイウォーク前行または横浜駅前行「スカイウォーク前」下車目の前
※一部スカイウォーク方面に向かわないバスあり。乗車前に確認を。

編集部イチオシ

  1. 『Huffnagel(フフナーゲル)』ブランドの「Oats Cookies Buttercream Filling Selection(オーツクッキー バタークリーム フィリングセレクション)」

    19世紀の横浜がモチーフ「時空を結ぶホテル」がテーマの洋菓子ブランド誕生

    洋菓子製造販売を手掛ける「株式会社かをり」が「19世紀のYOKOHAMAと時空を結ぶホテル」をテーマ…
  2. 市松模様のシャツワンピース

    シンプルな大人かわいいAライン・シャツワンピース

    Anda読者特典割引 注文時クーポンコード入力で30%OFF! 後ろのタックとゆるやかなシルエット…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る