【編集部日誌】大黒埠頭のスカイウォーク横浜が復活 ベイブリッジを通過する客船を見学

2019大黒ふ頭

【某編集の休日散歩】2019年5月12日 大黒ふ頭 スカイウォーク横浜
横浜ベイブリッジに併設された「スカイウォーク横浜」が4月に復活したので行ってきた。

2010(平成22)年に一旦閉鎖されたが、2019年4月、クイーン・エリザベスの大黒埠頭着岸を受け、埠頭に着岸する超大型客船やベイブリッジ下を通過する客船の見学施設として無料開放されることとなった。

この日は、17時に大さん橋を出港するにっぽん丸を撮影しようと訪れたが、スカイウォーク到着が17時となってしまい、やむなく去りゆく姿をスカイプロムナードから撮影。ベイブリッジからのショットを狙うなら出港予定より少し早めに訪れたほうがよさそうだ。

展望室まで片道4分ほど掛かるため、同日出港予定のマルタ船籍 アザマラ・クエストの出港まで、ゆっくりと施設内を見学することに。
各所に設けられたコイン式の望遠鏡はすべて無料。また、フェンスには撮影スポットとして穴もあけられており、あちこち撮影しながら歩くうちに十分時間はつぶせた。
おかげで埠頭から見上げるのとはまた趣の違う、迫力ある写真を撮ることができた。
大型客船がベイブリッジを通過する際にはホールの照明を落とすなど心にくいサービスもあり楽しめた(ガラス越しの撮影の際の写りこみ防止)。

↓クリックすると拡大されます

●解放日は、大黒ふ頭に客船が着岸する土日祝とベイブリッジの下を客船が通過する土日祝のみ。入館は無料です。

スカイウォーク横浜
●鶴見駅前(東口6番のりば)から
横浜市営バス17系統で「スカイウォーク入口」下車3分(平日・土曜日のみ)
「大黒ふ頭」(休日のみ)下車3分
●横浜駅前(東口14番のりば)から
横浜市営バス109系統スカイウォーク前行または横浜駅前行「スカイウォーク前」下車目の前
※一部スカイウォーク方面に向かわないバスあり。乗車前に確認を。

編集部イチオシ

  1. シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」

    母の日のプレゼントに10年着られる 上質な1枚を

    シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」 産地と連携して織りあげた…
  2. 北海道産の新鮮な野菜を食卓に

    ホテルで使用されているこだわり野菜 全国23箇所でホテル・旅館を運営する野口観光グループは、宿泊客…
  3. 家で気軽に楽しめる本格ワイン

    ワイン通のみならず、海外のワイン生産者もわざわざ訪れるお店が「ロックス・オフ」。店主は前職からワイン…
  4. 損をしない相続税対策を

    人生100年時代の到来、ご自身の今後の生活やご家族の将来を考えると、どのように財産を継承していくかは…
ページ上部へ戻る