名車が集結。RICHARD MILLE Suzuka Sound of ENGINE 11/17(土) ・18(日)

70年代のF1カーが鈴鹿サーキットでレース

J.P.Sのロータスも走る!憧れの名車を五感で感じる
モータースポーツ好きにはたまらない、
ヒストリックイベントが鈴鹿サーキットで開催。

Masters Histric Formula 1 in JAPAN

ロータス、ペンスキー、ヘスケスも出走する懐かしのV8サウンドが響き渡り、時を越えて往年の名車が鈴鹿を駆け抜ける!

世界的に人気の高まっているマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1・イン・ジャパン初開催。

「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」で行う、「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラワン」公式レース。
いま、ヨーロッパやアメリカで注目を集めている“もうひとつのF1グランプリ”がある。
それが12年の歴史を誇るマスターズ・ヒストリック・レーシングが主催するヒストリックF1シリーズだ。

参加できるのは、1966年から85年までのノンターボ3リッターF1マシン。
72年までの“ジャッキー・スチュワート・クラス”、72年以降のノン・グラウンドエフェクトF1による“エマーソン・フィッティパルディ・クラス”、
72年以降のグラウンドエフェクト・マシンを対象とした“パドリック・ヘッド・クラス”、そして72年以降のフラットボトム・マシンの“ニキ・ラウダ・クラス”の4つにクラス分けされている。

各戦平均28台のエントリーを誇るマスターズ・ヒストリックF1の最大魅力は、なんといっても往年のマシンが全力でレースをする光景だ。参加するドライバーは皆、国際C級ライセンスを保持し、アマチュアながら様々なカテゴリーでキャリアを積んできた腕利き揃い。それらをサポートするチームやメカニックにもF1経験者は多く、パドックはまさに“プチF1ワールド”といった雰囲気となる。

またヒストリックとはいえ、シリアスなレースである以上、テクニカル・レギュレーションが厳密に管理、施行されているのも同シリーズの特徴のひとつ。例えばエンジンに関しては、メイクスや気筒数の制限がないが、コストの増大や過当競争を抑えるため、多数派を占めるコスワースDFVのレブリミットは1万回転以下と指定され、レースウィークの走行距離もエンジン・ライフを考慮したものとなっている。

一方のシャシーについても、現役当時のカラーリングなどオリジナル状態であることを義務付けているほか、最新式のフューエルセルの装備やクラックテストなど、安全に考慮した細かなレギュレーションが設定されている。

かつてメーカーの威信をかけて戦ったモンスターマシン「Group C」も復活

GroupCのモンスターマシン達モータースポーツ華やかりしころの息吹きを感じる、グループCカテゴリーのマシン。

世界耐久選手権 (WEC)、ル・マンやデイトナの24時間レースで強烈な個性を魅せつけたマシン達が鈴鹿サーキットを駆け抜け、そのサウンドや雄姿をもう一度、感じることができる。

他にもレジェンドF1マシンの展示から、葉巻型マシンのレースまで、見所は豊富

固定ページ:

1

2

関連記事

編集部イチオシ

  1. 働く場所が自由になれば発想も自由になる

    Work×Vacation=ワーケーション ニューノーマル時代、テレワークの浸透により働く場所は …
  2. 湘南で人気の洋菓子店がCIAL横浜に登場!

    湘南地域に11店舗を持つ人気の洋菓子店「葦(あし)」が3/12(金)、CIAL横浜に焼菓子・半生菓子…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る