【編集部日誌】喧騒を離れ 静かな春の足音を楽しむ

春の鎌倉 収玄寺

【編集部日誌】2021年2月12日
江ノ電長谷駅からすぐの収玄寺。
手入れの行き届いた境内は、季節の花木が参拝客を楽しませてくれます。

春の鎌倉 収玄寺
境内は小さいけど、この日もたくさんの花が楽しめました。
黄色の梅は蝋梅。甘い香りが漂います。早咲きの桜も🌸

春の鎌倉 収玄寺
境内には蕪珈琲(カブラコーヒー)という古民家を改造した素敵なカフェもあるのですが、取材の合間に立ち寄ることが多いので、開店日になかなか当たりません。 通りにopenの看板が出ていたらぜひ行ってみてください。

蕪珈琲 kabura coffee」(カブラコーヒー)の記事はこちら

日蓮宗 収玄寺
江ノ電長谷駅より徒歩1分
鎌倉市長谷2-15-12
0467-25-3238
参拝は無料

関連記事

編集部イチオシ

  1. 【編集部日誌】北鎌倉の隠れ家カフェで絶品カレーと贅沢タルト

    北鎌倉にあるおしゃれなカフェギャラリー「grand K」(グランケー)。 綺麗に整えられたお庭から…
  2. トラコーヒーロースターズのコーヒー

    【編集部日誌】ウィーンの味を辻堂で!店内焙煎のコーヒーでホッと一息

    辻堂駅北口に昨年オープンした「Tora Coffee Roasters」(トラコーヒーロースターズ)…
  3. 隠れた梅の名所 東方天満宮

    【編集部日誌】隠れた梅の名所 東方天満宮

    【編集部日誌】2021年2月21日 都筑区 東方天満宮 横浜市内の隠れた梅の名所として知られる…
ページ上部へ戻る