【編集部日誌】喧騒を離れ 静かな春の足音を楽しむ

春の鎌倉 収玄寺

【編集部日誌】2021年2月12日
江ノ電長谷駅からすぐの収玄寺。
手入れの行き届いた境内は、季節の花木が参拝客を楽しませてくれます。

春の鎌倉 収玄寺
境内は小さいけど、この日もたくさんの花が楽しめました。
黄色の梅は蝋梅。甘い香りが漂います。早咲きの桜も🌸

春の鎌倉 収玄寺
境内には蕪珈琲(カブラコーヒー)という古民家を改造した素敵なカフェもあるのですが、取材の合間に立ち寄ることが多いので、開店日になかなか当たりません。 通りにopenの看板が出ていたらぜひ行ってみてください。

蕪珈琲 kabura coffee」(カブラコーヒー)の記事はこちら

日蓮宗 収玄寺
江ノ電長谷駅より徒歩1分
鎌倉市長谷2-15-12
0467-25-3238
参拝は無料

関連記事

編集部イチオシ

  1. 働く場所が自由になれば発想も自由になる

    Work×Vacation=ワーケーション ニューノーマル時代、テレワークの浸透により働く場所は …
  2. 湘南で人気の洋菓子店がCIAL横浜に登場!

    湘南地域に11店舗を持つ人気の洋菓子店「葦(あし)」が3/12(金)、CIAL横浜に焼菓子・半生菓子…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る