「エミール・ガレ vs ドーム兄弟」展 12/8(日)まで

1889年パリ万博出品作である「葡萄に蜘蛛の巣文花器」を始め、
エミール・ガレとドーム兄弟の希少作約50点を展観する企画展

1889年に開催されたパリ万博では、シンボルとしてエッフェル塔が建設され、世界中から3000万人以上の人々が訪れました。
エミール・ガレはガラス部門でグランプリを受賞し、世界的な名声を得ました。これに触発され同郷のガラスメーカー「ドーム」は芸術性の高い作品制作に乗り出します。
ガレとドームは切磋琢磨し、画期的なガラス技法を用いた作品の制作を行い、1900年に再度開催されたパリ万博において、両者はグランプリを獲得します。
みらい美術館では、1889年パリ万博出品作であるエミール・ガレ作「葡萄に蜘蛛の巣文花器」を始め、エミール・ガレとドーム兄弟の希少作約50点を展観する企画展が開催されています。

エミール・ガレ IN 横浜に出展される作品の一例

ガレ「葡萄に蜘蛛の巣文花器」1889年パリ万博出品作/ガレ「三美神ランプ」/ドーム兄弟「ミモザ文アップリケ花器」

みらい美術館は、ガラス工芸作品の収集家として知られる公益財団法人「鶴見輝彦育英会」の設立者鶴見輝彦氏(故人)の個人コレクションを公開している美術館。当初は「学校法人鶴見歯科学園〈現、みなとみらい学園〉」内で公開していましたが、多くの方々にガラス工芸に親しんでもらいたいと開設されたそう。
鶴見氏がガラス工芸作品を収集し、学生に公開していた背景には、歯科系専門職に求められる資質の一つとして、芸術的な要素、感性を重要視していたため。歯科技工とガラス工芸には「焼成、研磨、色調」等共通する要素があり、そこから「審美眼」が養われるとの考えがありました。事実、19世紀の著名なガラス工芸家の一人、アンジー・ルソー氏は歯科技工士でした。

美しいアール・ヌーヴォーのガラス工芸が身近で鑑賞できる美術館に、お散歩がてらふらりと出かけてみませんか。

Anda11月号 web限定プレゼントの応募はこちら

みらい美術館

〒220-0011 横浜市西区高島1-2-15みなとみらい学園ビル2階
TEL:045-222-8696
開館時間:10時~17時(木曜日は18時まで・入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日、火曜日(4月29日、5月6日は開館)
入館料:一般800円/学生・生徒600円

編集部イチオシ

  1. スタッフは全員女性! 駅から徒歩3分の相続税専門事務所

    茅ヶ崎市で相続税を専門とする税理士法人「はるか」。開業以来毎年100件以上の相談件数と、40件(20…
  2. 収益を目的とした賃貸用不動産が注目される理由

    予期せぬ新型コロナウィルス感染拡大により、経済や私達の生活に大きな影響が現れているなか、不透明な将来…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る