元町リセンヌ小路、横浜の手作り「手縫いの革小物展」6月24日(日)まで

多数の皮小物の並ぶMWL STORE店舗風景

手仕事のこだわり品と銘茶「器とお茶と暮らしの品」を揃えた
MWL STORE内にて「.URUKUST」によるレザーの作品展・受注会を開催

既成概念に捉われない様々な手法や斬新なアイデアが美しいミニマルデザインのレザー機能性と簡潔さ、スタイルを合わせ持った今までにない新しいデザイン。
それが「.URUKUST/ウルクスト」の提案するレザープロダクト。

余分なパーツを減らすことで、使い込むほどに革本来の強さ、しなやかさが活きてくるシンプルな構造。既成概念に捉われない様々な手法や斬新なアイデアが美しいミニマルデザインを生み出しています。

また、革という素材にもとことんこだわっており、独自の仕様で鞣された上質なフルグレインレザーは「一生モノ」の耐久性と美しさを持ち、永く使い込むほどに上品な艶と味が楽しめるのです。

.URUKUST/TSUKURU「つくる」を体験することで見えてくるもの

横浜市のアトリエ.URUKUST(ウルクスト)/土平恭栄さんの製作風景横浜市都筑区にアトリエを構える .URUKUST(ウルクスト)/土平恭栄さんは、美しい革小物の半完成品キットのデザインのみならず革小物・鞄作りのワークショップの講師を務める側面もあります。そこには「つくる選択肢もある」ということを広めたい、という想いがあるからです。

つくることで素材や手法を体感し、これまで気づけていなかった出来の良し悪しに目が届くようになります。いい素材やいい仕立てを見抜く力、現代で失われがちな本当にいいものが分かる面白さ、値段だけではわからない良さを伝えて生きたい、そんな願いがあるのです。
深いこだわりがやわらかく包み込まれた「一生モノ」のレザー、この機会にぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。
日本各地の手仕事の器と上質なレザーが並ぶ

◆会期:2018年6月1日(金)~6月24日(日)
◆会場:MWL STORE (エムダブリュエル ストア)

◆JR石川町駅元町出口徒歩1分 横浜市中区石川町1-19
◆12:00~19:00 ◆定休日:月~水 ※祝日の場合は営業
◆Tel.045-662-5507

関連記事

編集部イチオシ

  1. 【編集部日誌】秋の鎌倉宮 紅葉を愉しむ

    2021年11月26日(金)鎌倉宮 鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子で、14世紀(鎌倉時代末期)…
  2. 小机城址市民の森 竹灯籠まつり

    【編集部日誌】小机城址市民の森 竹灯籠まつり

    【編集部日誌】2021年11月6日(土) 横浜市港北区小机町 横浜市内にある中世の城郭跡「小机…
  3. パンカフェ・ニコのアクアパッツァセット

    【編集部日誌】茅ヶ崎の週末限定隠れ家パン屋さん

    2021年3月にオープンした「パンカフェ・ニコ」は、自家製酵母を使って作られたパンが楽しめるベーカリ…
  4. 【編集部日誌】北鎌倉の隠れ家カフェで絶品カレーと贅沢タルト

    北鎌倉にあるおしゃれなカフェギャラリー「grand K」(グランケー)。 綺麗に整えられたお庭から…
ページ上部へ戻る