飛鳥の愉しみ方

「とにかく一度飛鳥に乗ってみてほしい!」そう熱く語るのは、昨年初めて飛鳥に乗船した中村さんご夫妻。海外旅行の経験豊富な旅慣れたお二人ですが、以来すっかり飛鳥にはまってしまったよう。来年の春も飛鳥の国内クルーズに乗船予定です。乗った人は誰もが「やみつきになる」という飛鳥の旅。その理由とは?

 

飛鳥は高い?高くない?
「クルーズというとまず頭に浮かんだのは高い!ということ。価格だけでみると通常の旅行と比べ割高感があるのも本音です。でもいざ乗ればその価値以上の魅力が分かります。まず一番に食事が素晴らしい!毎晩の食事は高級ホテルのディナーそのもの。朝昼晩の食事はもちろん、おやつや夜食まで用意されています」宿泊・交通・食事・イベント参加費が全て含まれている旅行代金。大きな荷物を持って移動するストレスもなく体も楽!困った事はいつでも相談できるクルーがいるのも嬉しいかぎりです。
「クルーの方々の自然な笑顔が印象的でしたね。一流ホテル同様のきめ細やかなサービスも至るところで感じます。医務室があるのも安心。十年後、二十年後でも飛鳥なら旅行へ行けますね。車椅子の方も楽しんでいらっしゃいましたよ」

 

船旅ならではの優雅で自由な時間
日中は主人はスポーツジムで汗を流したり、私は映画を見たり自分の好きなように過ごしました。」スケジュールが詰まったツアー旅行と違い、読書やデッキをお散歩したりと、自分のペースで自由に過ごせるのも船旅の魅力の一つ。好きなイベントに参加するも良し、ただ壮大な景色を眺めているだけでも良し。誰もが贅沢でゆっくりと時間を過ごせます。「通常の旅行と大きく違うのがお風呂。海の絶景を眺めながら癒やされる大浴場やジャグジー。これは船旅でしか味わえません。できることならお風呂の近くの部屋に泊まりたいくらい(笑)」

 

飛鳥との出会いで新たな夢が
「こんな世界があるとは思わなかったですね。陸路ではなく海から目的地に行く、これは全く違う感動があります。離岸の時は、地元の方々のお見送りに泣けてしまいました。リピーターの方が多いのも納得です。船旅でしか味わえない景色、出会い。この感動をたくさんの方に知ってもらえたら。いつか孫や子供も一緒に旅したいです。そして夢は世界一周!」人生観が変わるという飛鳥の旅。「動く豪華ホテル」は、味わえば十分リーズナブルに思えるのかもしれません。中村さんご夫妻も、次の船旅でまた新たにたくさんの「感動」に出会うことでしょう。

 

お申込・お問い合せ・パンフレットのご請求
郵船トラベルクルーズセンター
045-640-6560
郵船トラベルクルーズセンターHP

 

編集部イチオシ

  1. グランモール公園のイルミネーション「ヨコハマミライト」

    【2018イルミ】グランモール公園

    【編集部日誌】 みなとみらいグランモール公園のイルミネーション「ヨコハマミライト」 3色のLED…
  2. Andaモニター体験報告 新たな挑戦で憧れのキャプテンに

    「小型船舶二級免許」無料モニターに参加の小澤さんが前回リポートした講習会にて無事に免許を取得! 今回…
  3. 「大人のランドセル」を彷彿させるハードシェルタイプのバックパック

    イタリアンレザーを革張りしたハードシェルリュック

    「大人のランドセル」を彷彿させるバックパック 東京発の新鋭ブランド ブラウデザイン(BLAUD…
  4. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…

美味だより

  1. 美しい和食の一品
  2. ボリュームたっぷり、モチモチの白玉でいっぱいのあんみつ
  3. 清涼な水と空気、土にこだわった料理、それが鎌倉和食
ページ上部へ戻る