JR横浜タワーに咲く「やさしさの花」

アートプロジェクト「やさしさの花」2021年3月15日(月)~3月28日(日)開催

JR東日本グループが運営するJR横浜駅および駅周辺エリアの商業施設一帯の総称“YOKOHAMA Station City”。
新たな商業施設の誕生により、横浜駅周辺はファッション・グルメ・ホテル・スポーツ・ビジネスなど、たくさんの個性が行き交う未来ターミナルへと進化を遂げています。

このたび、駅周辺エリアの活性化に取り組むYOKOHAMA Station City運営協議会と、横浜を拠点に活躍するアートチーム「LITTLE ARTISTS LEAGUE(リトルアーティストリーグ)」によるアートプロジェクト「やさしさの花」が昨年6月開業のJR横浜タワーにて開催されます。

アートプロジェクト「やさしさの花」

世界中でソーシャルディスタンスが求められる中、アートで「人と人の心を繋げたい」という願いから、アートプロジェクト「やさしさの花」は生まれました。「やさしいことを一つすると、一つ咲くやさしさの花」を想うことで、普段は見えない「やさしさ」を可視化し、やさしさの伝播を広めます。

①参加型インスタレーション「Flower of Kindness」

場所:JR横浜タワー 3階 ギャラリー
「やさしいことを一つすると、一つ咲くやさしさの花」をテーマに、「LITTLE ARTISTS LEAGUE」が手がけた、高さ約3mの参加型インスタレーション。会場の記入台に設置の、オリジナルフラワーステッカーに、参加者が「やさしさのエピソード」を記入し、アートインスタレーションに咲かせることができます。

②「やさしさのエピソードパネル」展示

場所:JR横浜タワー 3階 シェルフ
近隣の学校などにて、やさしさにまつわるエピソードを事前に募集。やさしさのエピソードや、「やさしさの花」を表現したジオラマ作品と写真作品を展示します。

 

アートチーム「LITTLE ARTISTS LEAGUE(リトルアーティストリーグ)」

2016年に創設されたバイリンガルのアーティストらが率いるアートチーム。横浜を拠点に、アートを通じて、多文化、多言語、そして表現の多様性に触れることで、柔軟な発想とグローバルな視野を育む取り組みをしています。LITTLE ARTISTS LEAGUEの高いアート性やデザイン性、そしてグローバルマインドにも触れられる様々なアートプロジェクトは、子供のみにとどまらず幅広い層から人気を博しています。

 

 

アートプロジェクト「やさしさの花」
開催期間:2021年3月15日(月)~2021年3月28日(日)
料金:無料
場所:JR横浜タワー 3階アトリウム ギャラリーおよびシェルフ(JR横浜駅中央北改札または中央南改札からすぐ)
主催:YOKOHAMA Station City運営協議会
企画運営:LITTLE ARTISTS LEAGUE(アドバイザリー:アーツコミッション・ヨコハマ/stgk)
URL:http://www.littleartistsleague.org/jr-yokohama-tower
※画像はイメージです

 

関連記事

編集部イチオシ

  1. 働く場所が自由になれば発想も自由になる

    Work×Vacation=ワーケーション ニューノーマル時代、テレワークの浸透により働く場所は …
  2. 湘南で人気の洋菓子店がCIAL横浜に登場!

    湘南地域に11店舗を持つ人気の洋菓子店「葦(あし)」が3/12(金)、CIAL横浜に焼菓子・半生菓子…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る