【編集部日誌】長谷の収玄寺境内にオープンした古民家カフェ「蕪珈琲 kabura coffee」

2019年12月26日長谷駅 鎌倉大仏へ向かう道の途中にある、収玄寺の境内に今年の8月オープンした「蕪珈琲 kabura coffee」(カブラコーヒー)。
「お寺の敷地内に古民家カフェがあるらしい」という話を聞いて、でかけてみました。

お店は、境内にあった平家の古民家を東京藝術大学院の建築専攻研究室の方がリノベーションプロジェクトとして設計・施工したものだとか。
外観は古民家だけど内装は和モダンな感じで、変わった形の家具がとてもお洒落。

今日のメニュー『アップルタルト』を食べながら、のんびりとした時間を過ごしてきました。
他のおすすめメニューも気になるので、近くに行く機会があったらまた立ち寄ろうと思います。

蕪珈琲 kabura coffee
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-15-14(収玄寺境内)
江ノ電長谷駅から徒歩1分
営業時間:12:30〜17:30
定休日:不定休

公式インスタグラム https://www.Instagram.com/kaburacoffee/

編集部イチオシ

  1. Anda美術品鑑定部

    Anda 「美術品鑑定部」 お宝無料鑑定!

    あなたの家の美術品を査定してみませんか Anda美術品鑑定部で無料査定ができます。 [con…
  2. 北海道産の新鮮な野菜を食卓に

    ホテルで使用されているこだわり野菜 全国23箇所でホテル・旅館を運営する野口観光グループは、宿泊客…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る