【編集部日誌】長谷の収玄寺境内にオープンした古民家カフェ「蕪珈琲 kabura coffee」

2019年12月26日長谷駅 鎌倉大仏へ向かう道の途中にある、収玄寺の境内に今年の8月オープンした「蕪珈琲 kabura coffee」(カブラコーヒー)。
「お寺の敷地内に古民家カフェがあるらしい」という話を聞いて、でかけてみました。

お店は、境内にあった平家の古民家を東京藝術大学院の建築専攻研究室の方がリノベーションプロジェクトとして設計・施工したものだとか。
外観は古民家だけど内装は和モダンな感じで、変わった形の家具がとてもお洒落。

今日のメニュー『アップルタルト』を食べながら、のんびりとした時間を過ごしてきました。
他のおすすめメニューも気になるので、近くに行く機会があったらまた立ち寄ろうと思います。

蕪珈琲 kabura coffee
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-15-14(収玄寺境内)
江ノ電長谷駅から徒歩1分
営業時間:12:30〜17:30
定休日:不定休

公式インスタグラム https://www.Instagram.com/kaburacoffee/

関連記事

編集部イチオシ

  1. 横浜ベイクォーターのクリスマスツリー2021

    【2021イルミ】ヨコハマミライト2021の出発点/横浜駅東口

    今年4回目の開催となるヨコハマミライト 2021 ~みらいを照らす、光のまち~。 このイベントのス…
  2. 【編集部日誌】秋の鎌倉宮 紅葉を愉しむ

    2021年11月26日(金)鎌倉宮 鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子で、14世紀(鎌倉時代末期)…
  3. パンカフェ・ニコのアクアパッツァセット

    【編集部日誌】茅ヶ崎の週末限定隠れ家パン屋さん

    2021年3月にオープンした「パンカフェ・ニコ」は、自家製酵母を使って作られたパンが楽しめるベーカリ…
  4. 【編集部日誌】北鎌倉の隠れ家カフェで絶品カレーと贅沢タルト

    北鎌倉にあるおしゃれなカフェギャラリー「grand K」(グランケー)。 綺麗に整えられたお庭から…
ページ上部へ戻る