若くても起こる「目の老化」 早めの対策と最新老眼治療

スマホから目を離すと視界がぼやけてピントが合わない…そんな症状は要注意。昨今社会現象化している「スマホ老眼」かもしれません。誰にでも起こる老眼「まだ若いから」と放っておかず、適切な予防と治療で目の健康を守りましょう。

スマホを使う現代人の老化リスク
平均的に45歳前後から始まる老眼。ところが「症状を自覚する年齢が以前より早くなっています」そう語るのはみなとみらいアイクリニックの主任執刀医・荒井宏幸先生。その原因はスマホやタブレットの普及によるもので、ほぼ一日中画面を見続けている現代人は知らないうちに目の老化を早めているそう。
スマホの画面から出るブルーライトは目への負担が高いといわれる光。さらには小さな画面の小さな文字を近距離で長時間見ることで、ピントを合わせる目の筋肉が過度の緊張状態に。「スマホ老眼とはこのように眼精疲労が蓄積しピントが合いにくくなる症状のこと。回復には画面を見ずに目を休めることが一番です」
ただし一時的な症状が多いスマホ老眼とは違い、水晶体の老化が原因の老眼は残念ながら元には戻りません。まだ若いからと過信せず、適切な老眼鏡を使用しサプリメントを活用するなど早めの対策を心がけましょう。

老眼鏡要らずの裸眼生活
「老眼は手術で治る時代です」と語る荒井先生。その一つが「モノビジョンレーシック」で、左右の目の視力に差を付け調整することで眼鏡なしでもある程度見えるようになります。また白内障手術の際、同時に遠近両用眼内レンズを挿入することで術後に裸眼の生活を送ることも可能に。特に最新の「プレミアム白内障手術」はフェムトセカンドレーザーを使用し、角膜切開や水晶体前嚢切開などをコンピューター制御で行う治療。「眼内度数測定システムを使用し、術中にリアルタイムで度数や固定位置を決定します。それにより誤差を極力少なく良好な術後裸眼視力が得られるよう努めています」
老眼治療を受けるうえで大切なことは自分のライフスタイルに合った治療方法を選ぶこと。同クリニックでは約二時間の無料適応検査を行い、要望やライフスタイルを踏まえその人に合った治療方法を詳しく説明してくれます。手術に不安がある方、迷われている方も是非一度相談してみてはいかがでしょうか。

医療法人社団ライト みなとみらいアイクリニック
荒井 宏幸理事長 
近視矯正手術・白内障手術を中心に眼科手術医療を専門とする。米国でLASIK手術を学び、国内に導入した実績から、現在は眼科医に対する手術指導・講演も行う。数多くのスポーツ選手・タレントのLASIKを手がけ、TV出演も多数。

自由診療・完全予約制
●遠近両用 眼内レンズを使用した白内障手術
片眼…800,000円〜
●レーシック
片眼…230,000円〜

 

老眼矯正・LASIK無料説明会
老眼説明会 9/15(土), 10/27(土)
LASIK説明会 9/29(土)

両日とも14時〜約1時間
会場:みなとみらいクイーンズタワーC 4階
受付:みなとみらいクイーンズタワーC 8階 みなとみらいアイクリニック
受付窓口までお越しください。会場までご案内いたします。
専門医による老眼矯正・レーシックの説明会です。手術方法の紹介、検査のすすめ方など。下記電話またはホームページなどから申し込みください。

お申込み・お問い合わせは
TEL:0120-17-4455

みなとみらいアイクリニック
受付時間10:00〜12:00/13:00〜18:00 日・火・祝休
定員になり次第〆切らせていただきます。

 

みなとみらいアイクリニック
横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC8F
TEL:0120-17-4455
診療時間:10:00〜12:00/13:00〜18:00
休診日:日・火・祝日
http://www.minatomiraieye.jp

編集部イチオシ

  1. レクサス新型RXと箱根リトリートのヴィラ

    Anda読者体験モニター募集 LEXUS 2days Trip

    レクサスの走りと自然を五感で堪能する贅沢な時間。 新型RXで行く、箱根の紅葉と温泉を楽しむ旅。 …
  2. 「多焦点眼内レンズ」は先進医療制度改定前に早めのご検討を

    茅ヶ崎駅前という快適なアクセスの「シーサイド眼科茅ヶ崎」。地域密着の親しみやすい医院づくりを心掛け、…
  3. 独自のファンタジー世界を構想するJ.R.R.トールキン

    ロード・オブ・ザ・リングを生んだ J.R.R.トールキン、激動の青年時代

    (C)2019Twentieth Century Fox ドワーフやエルフのいる剣と魔法のファンタ…
  4. ヤマハ 大人の音楽レッスン

    「やりたい」のスタートに年齢制限はない。それが大人の音楽。

     楽器を手にして音楽を楽しむミドルからシニアエイジが増えている。初心者だが憧れの楽器に挑戦してみたい…

編集部日誌

  1. 小町通りから一本入った路地裏の奥にあるお茶専門店、鎌倉茶房「茶凛」
  2. 掃部山公園で行われる西区虫の音を聞く会
  3. ノンアルコールサングリア
ページ上部へ戻る