多様な価値観の今日、退職を期に住み替えをする人が増えている。

シニア世代の住み替え事情について、
湘南の住宅事情に精通した青井さんにお伺いしました!

Q 最近は、シニア世代の方の住み替えが増えてきているそうですね。

そうですね。以前ですと住みなれた家、土地にこだわりを持って手放す事に抵抗を感じている方も多かったと思います。

近年は、定年後の住み替えの選択肢の一つに都市部のマンションに引っ越しを検討される相談が増えてきています。

ご売却の理由としてはまず第一に相続税の回避です。税改正による相続税の対象幅が広がりました。湘南エリアでは土地や資産をお持ちの方が多くいらっしゃいますが、津波による地価下落の一方で路線価が思った程落ちていません。

税改正による相続税の増税の対象者が今後増えていくでしょう。

次に生活環境のダウンサイジングです。子どもの独立により夫婦2人での生活になり現在住んでいる広過ぎる家を売却されるケースも多いです。

住み替え先として田舎でのんびり暮らしたいと考える方もいらっしゃいますが、都市部での便利な生活を求める方が多いです。都市部では近所にスーパーやコンビニが多く医療機関も充実しているのでいざという時に不安がない。また、最近のマンションはセキュリティーやバリアフリー化が進んでいるのも一つの要因になっています。

定年後元気なうちは都市部でアクティブに出歩いて人生楽しみたいと考えている方が多い様です。都市部のマンションであれば価格が下がりづらいので、いざという時は売却をしてシニア施設に入られる方もいらっしゃいます。

Q 住み替えのコツはございますか。

中には売却が決まる前に移住先の物件を購入してしまう方がいらっしゃいます。先に購入してその価格に合わせて売却金額を設定してしまうと希望の金額で買い手が決まらないケースが多々ありリスクが伴います。まずは売却金額が確定してから老後の人生を楽しめる資産を残して住み替え先の物件を検討された方が良いと思います。まずは、今住んでいる家や土地がどのくらいの価値がありどのくらいで売却ができるのかを事前に知っているだけでも老後の住み替えがスムーズになると思います。下記シートにてご依頼頂ければ査定致しますので、お気軽にご相談ください。

みずほ信不動産販売 藤沢センター長 青井正巳さん

「みずほフィナンシャルグループ」各社と連携し、蓄積されたノウハウ、グループの持つ豊富な情報と専門知識により、資金計画の提案をはじめ、さまざまな相談に答えることができるのが強みです。資産管理・運用アドバイスのプロとして真摯にお答えするのが私たちの務めと考えております。

みずほ信不動産販売

0120-203-371

関連記事

編集部イチオシ

  1. 全国各地のクラフトビールを、家庭用本格ビールサーバーで!

    6月からは新たに7銘柄が追加され 取扱い銘柄は全国49社97銘柄(6/14現在)に。 ビール配送…
  2. グランドプリンスホテル新高輪(ノンアルコールカクテル「Cloud Nine」)

    プリンスホテル~バー・ラウンジ、結婚披露宴で楽しめるノンアルコールカクテル

    緊急事態宣言で注目が集まるノンアルコール飲料「ノンアルコールカクテル」のラインナップを拡充 株…
  3. 《Anda編集 おやつ部》8月にオープンしたティモーネの姉妹店、ジェラトリア 〝Toc tooc〟

    イタリア語でドアをノックする音、〝トクトック〟 原材料からこだわり抜いたフレーバー。生の果実や…
  4. グランピングで 特別な体験を Andaおすすめ ワンランク上のアウトドア体験

    グランピングで特別な体験を ワンランク上のアウトドア体験

    glamorous + camping Andaおすすめ ワンランク上のアウトドア体験 ド…
ページ上部へ戻る