ガラス工芸の粋 エミール・ガレ IN 横浜 6/23(日)まで

6/23まで開催 エミール・ガレ IN 横浜。日本初公開の大壺が公開される。

エミール・ガレの名作「フランスの薔薇」大壷を日本初公開!

アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家 エミール・ガレの作品が堪能できる「エミール・ガレ IN 横浜」が みらい美術館で開催されています。
今回、注目となる作品は日本初公開となる「フランスの薔薇」大壷。1902年に「アップリケ」「マルケットリー」など超絶的なガラス技法を駆使し、一点のみが制作された貴重なコレクションです。
長年、ヨーロッパの個人コレクターが秘蔵し、一般公開されることはなく「幻の名作」と呼ばれてたこの作品が、一世紀以上の時を経て、横浜の地で鑑賞できます。
本展では他にも、ランプや陶器を含め約50作品を展観し、エミール・ガレの魅力が堪能できます。

エミール・ガレ IN 横浜に出展される作品の一例

「フランスの薔薇」大壷/「ハイビスカス文ランプ」/「蘭文彫刻花器」

みらい美術館は、ガラス工芸作品の収集家として知られる公益財団法人「鶴見輝彦育英会」の設立者鶴見輝彦氏(故人)の個人コレクションを公開している美術館。当初は「学校法人鶴見歯科学園〈現、みなとみらい学園〉」内で公開していましたが、多くの方々にガラス工芸に親しんでもらいたいと開設されたそう。
鶴見氏がガラス工芸作品を収集し、学生に公開していた背景には、歯科系専門職に求められる資質の一つとして、芸術的な要素、感性を重要視していたため。歯科技工とガラス工芸には「焼成、研磨、色調」等共通する要素があり、そこから「審美眼」が養われるとの考えがありました。事実、19世紀の著名なガラス工芸家の一人、アンジー・ルソー氏は歯科技工士でした。

美しいアール・ヌーヴォーのガラス工芸が身近で鑑賞できる美術館に、お散歩がてらふらりと出かけてみませんか。

みらい美術館

〒220-0011 横浜市西区高島1-2-15みなとみらい学園ビル2階
TEL:045-222-8696
開館時間:10時~17時(木曜日は18時まで・入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日、火曜日(4月29日、5月6日は開館)
入館料:一般800円/学生・生徒600円

編集部イチオシ

  1. LEXUS NX NX300h/NX300 特別仕様車〈Spice & Chic〉

    LEXUS NX NX300h/NX300 特別仕様車を設定

    “Spice & Chic”“Cool & Bright”を設定 レクサスは、「NX」を一部改良す…
  2. 収益を目的とした賃貸用不動産が注目される理由

    予期せぬ新型コロナウィルス感染拡大により、経済や私達の生活に大きな影響が現れているなか、不透明な将来…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る