いにしえの温もりと 上質な時をたのしむ

古民家再生の上質な宿/レストラン「鎌倉 古今」

2019年1月オープンで注目の古民家ステイ「古今」。古都の歴史を感じながらラグジュアリーな「食・寝・浴」を堪能する新感覚の宿。

都心からの日帰り観光地として人気の鎌倉。実際は1日でまわりきれないほど多くの見所がある。だからたまには「ステイ」してのんびりじっくり巡りたい。その土地らしいスローな時の流れに身を委ねて。

鎌倉のなかでも多くの史跡と豊かな緑に囲まれた二階堂エリア。その静かな邸宅地に江戸時代から住み継がれた一軒の古民家がある。木のぬくもりをそのままにリノベーションされた空間には2室のスイートルームが。ここはゆったり贅沢な自分時間を過ごせる宿である。

畳のスペースに洗練されたインテリアなど、和と洋が融け合い心和む室内。快眠・快浴をコンセプトに「寛ぎ」を追求しているのが特徴だ。心地よい眠りに誘うエアウィーヴ社の寝具のほか、バスルームには血流促進・温浴効果が高いマイクロバブルバスを完備。ミルクのようなきめ細やかな泡に包まれる至福のとき。心身の疲れを優しくほぐすリラクゼーションを好きなだけ楽しめる。

滞在をより豊かにするのが美食。自然派イタリアンの巨匠「奥田政行」シェフが監修するレストランは、和・フレンチ・漢方のエッセンスが効いた極上ディナーだ。鎌倉野菜や相模湾の新鮮魚介など、素材本来の甘みや旨味を生かした「地の恵み」を贅沢に堪能できる。

「古」の趣に抱かれながら「今」の上質なおもてなしを受け、心と体を解放するひととき。鎌倉の旅を新しいカタチでプロデュースする宿である。

古民家の遠景

160年の長い年月のあいだ鎌倉を見つめ続けた古民家を再生。刻まれた歴史が感じられる空間には懐かしさと温もりが溢れている。

和室風の室内

広々としたスイートルームは2階建てのメゾネットタイプ。プライベートな邸宅にいるように大切な人とゆっくりときを過ごせる。

オープンキッチンのカウンター

ライブ感溢れるオープンキッチン。目の前の特等席で頂くディナー。シェフが好みのリクエストなどに気軽に対応してくれる。

てんこ盛りの新鮮な野菜

旬と鮮度にこだわったオーガニック食材が主役。季節を映したような彩り美しい一皿が五感を研ぎ澄ます美食のひとときを。

鎌倉 古今

◆〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂836
◆TEL.050-5213-2512(電話受付 AM9:00~PM6:00  定休日:火、水)
◆1泊2食付お一人様64800円〜(税込、2名様利用時)
◆https://www.kamakura-cocon.jp

【Anda11月号プレゼント】
鎌倉 古今の宿泊ご招待券をプレゼント致します。
ご応募はこちら(締切2018年11月30日)

編集部イチオシ

  1. レクサス新型RXと箱根リトリートのヴィラ

    Anda読者体験モニター募集 LEXUS 2days Trip

    レクサスの走りと自然を五感で堪能する贅沢な時間。 新型RXで行く、箱根の紅葉と温泉を楽しむ旅。 …
  2. 「多焦点眼内レンズ」は先進医療制度改定前に早めのご検討を

    茅ヶ崎駅前という快適なアクセスの「シーサイド眼科茅ヶ崎」。地域密着の親しみやすい医院づくりを心掛け、…
  3. 独自のファンタジー世界を構想するJ.R.R.トールキン

    ロード・オブ・ザ・リングを生んだ J.R.R.トールキン、激動の青年時代

    (C)2019Twentieth Century Fox ドワーフやエルフのいる剣と魔法のファンタ…
  4. ヤマハ 大人の音楽レッスン

    「やりたい」のスタートに年齢制限はない。それが大人の音楽。

     楽器を手にして音楽を楽しむミドルからシニアエイジが増えている。初心者だが憧れの楽器に挑戦してみたい…

編集部日誌

  1. 小町通りから一本入った路地裏の奥にあるお茶専門店、鎌倉茶房「茶凛」
  2. 掃部山公園で行われる西区虫の音を聞く会
  3. ノンアルコールサングリア
ページ上部へ戻る