蛍の川と海山に囲まれ優雅な湯と優美な卓を愉しむ

_O3A6746 09_2 貸切風呂 料理

東日本でただ一つ万葉集の中で詠われた温泉地、湯河原。1300年続く名湯には数々の著名人や文人墨客が訪れ、風情ある高級旅館が佇む。「白雲荘」もその一つだ。

和の粋を演出した客室では、湯河原の四季折々の自然と共存する静寂のひと時が過ごせる。初夏には蛍に出会える事もある千歳川。客室からそのせせらぎに耳を傾ければ、風と共に涼が舞い込んでくる。晩秋に紅く色づく木々を眺めれば、日本の美に大きな安らぎを感じるだろう。

名湯は体の芯までポカポカと暖まり冷めにくいのが特徴。露天風呂付き客室の湯も、贅沢に100パーセント源泉かけ流しだ。自然に身を委ね湯に浸かれば、時計が止まったかのような静寂が訪れ、疲れた心身を優しくほぐしてくれる。

「決して妥協はしない」と信念を貫く料理長が手がけるのは、ミシュランの星を獲得した繊細で目にも美しい会席料理。海の幸は毎日、隣町真鶴の海女さんから直接仕入れるこだわりぶり。素潜りで捕った魚介は釣られる際に暴れることがなく最高に美味しいそうだ。その月に一番美味しいものを提供できるよう、献立は月毎に変わる。湯河原ならではの食でもてなすよう、朝食にもお造りが付く。こういった料理長の心意気は一品一品に込められているのだ。

万葉の里 白雲荘

〒259-0314神奈川県足柄下郡湯河原町宮上716-1
TEL:0465-62-2341(代)FAX:0465-62-3519
http://www.hakuunsou.com/

関連記事

編集部イチオシ

  1. 【編集部日誌】秋の鎌倉宮 紅葉を愉しむ

    2021年11月26日(金)鎌倉宮 鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子で、14世紀(鎌倉時代末期)…
  2. 小机城址市民の森 竹灯籠まつり

    【編集部日誌】小机城址市民の森 竹灯籠まつり

    【編集部日誌】2021年11月6日(土) 横浜市港北区小机町 横浜市内にある中世の城郭跡「小机…
  3. パンカフェ・ニコのアクアパッツァセット

    【編集部日誌】茅ヶ崎の週末限定隠れ家パン屋さん

    2021年3月にオープンした「パンカフェ・ニコ」は、自家製酵母を使って作られたパンが楽しめるベーカリ…
  4. 【編集部日誌】北鎌倉の隠れ家カフェで絶品カレーと贅沢タルト

    北鎌倉にあるおしゃれなカフェギャラリー「grand K」(グランケー)。 綺麗に整えられたお庭から…
ページ上部へ戻る