Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島 12/1まで 猿島にて 

上空から見た猿島

静寂と漆黒の非日常空間 夜の無人島でアート体験

「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」が、東京湾唯一の自然島 猿島にて、2019年11月3日(日)から12月1日(日)までの夜間に開催される。

横須賀の三笠公園から船で10分という立地のため、日帰りで海水浴やバーベキューを楽しめるレジャーの島として親しまれている猿島。
通常、島への船は1時間おきに三笠桟橋から運行、時期によって異なるが猿島発17時が最終便となり夜間は完全な無人島となる。
11月3日(日)から12月1日(日)まで行われるこのイベントは、猿島全体を初めて夜間開放して行われるアートイベント。
猿島 島内トンネル
猿島 高角砲座と三差路
砲台跡や弾薬庫跡といった人工的な痕跡と自然が融和した猿島ならではの独特な景観と、歴史などから着想を得た国内外のアーティストの作品を発表する。

特別な場所・時間で独特の空気感漂う、不思議な世界が楽しめる贅沢なイベントです。

日田の山と川と光と音 齋藤 精一 (Rhizomatiks Architecture)

日田の山と川と光と音 齋藤 精一 (Rhizomatiks Architecture)

本展のプロデュースを手がけるのは、ライゾマティクス代表取締役の齋藤精一さん。
参加アーティストは、本イベントのプロデューサーも務めるライゾマティクス・アーキテクチャーの齋藤精一さんをはじめ、場所に即したインスタレーションや新たな体験を作り出し、オノ・ヨーコなど数多くのアーティストとコラボレーションを行ってきたクリエイティブユニット・ワイルドドッグス、佐野文彦さん、後藤映則さん、鈴木康広さんなど。

Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島

会期:2019年11月3日(日)~12月1日(日)
開場時間:17:00~21:00(予定) ※日没以降
会場:猿島公園 神奈川県横須賀市猿島1番
交通:京浜急行線「横須賀中央」徒歩約15分(タクシーで約5分)
    三笠桟橋よりフェリー乗船で猿島へ。
住所:神奈川県横須賀市猿島1番
料金:3,500円前後を予定(往復乗船料、夜間乗船料、入園料、観覧料含む)
主催:横須賀都市魅力創造発進実行委員会
   ※詳細はウェブサイトにて順次告知。
チケットの購入はイベント公式サイト:https://senseisland.com/

編集部イチオシ

  1. シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」

    母の日のプレゼントに10年着られる 上質な1枚を

    シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」 産地と連携して織りあげた…
  2. 北海道産の新鮮な野菜を食卓に

    ホテルで使用されているこだわり野菜 全国23箇所でホテル・旅館を運営する野口観光グループは、宿泊客…
  3. 家で気軽に楽しめる本格ワイン

    ワイン通のみならず、海外のワイン生産者もわざわざ訪れるお店が「ロックス・オフ」。店主は前職からワイン…
  4. 損をしない相続税対策を

    人生100年時代の到来、ご自身の今後の生活やご家族の将来を考えると、どのように財産を継承していくかは…
ページ上部へ戻る