【編集部日誌】冬の風物詩、寒行托鉢

曹洞宗大本山總持寺の雲水による寒行托鉢

【編集部日誌】
最も寒さの厳しい、この小寒から大寒にかけて、
横浜市鶴見区にある曹洞宗大本山總持寺の雲水による寒行托鉢が連日行われています。

この日は生憎の曇り空、寒風も吹きすさび、立て看板が飛ばされるほどの厳しい天候でしたが、
年若い修行僧たちの凛とした所作、非日常的な光景に一時寒さを忘れ、見入ってしまいました。

来週の2月3日には毎年、多くの人で賑わう、総持寺恒例の節分会も予定されており、
境内では、準備の様子も見受けられました。
また、今年=2019年の節分は日曜日ということもあり、大きな盛り上がりを見せそうです。

↓画像をクリックすると拡大されます

曹洞宗大本山總持寺
JR京浜東北線[鶴見駅]西口より徒歩(約7分)
京浜急行線[京急鶴見駅]より徒歩(約10分)
京浜急行線[花月園前駅]より徒歩(約10分)
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1

【編集部日誌】一覧はこちら

関連記事

編集部イチオシ

  1. 横浜ベイクォーターのクリスマスツリー2021

    【2021イルミ】ヨコハマミライト2021の出発点/横浜駅東口

    今年4回目の開催となるヨコハマミライト 2021 ~みらいを照らす、光のまち~。 このイベントのス…
  2. 【編集部日誌】秋の鎌倉宮 紅葉を愉しむ

    2021年11月26日(金)鎌倉宮 鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子で、14世紀(鎌倉時代末期)…
  3. パンカフェ・ニコのアクアパッツァセット

    【編集部日誌】茅ヶ崎の週末限定隠れ家パン屋さん

    2021年3月にオープンした「パンカフェ・ニコ」は、自家製酵母を使って作られたパンが楽しめるベーカリ…
  4. 【編集部日誌】北鎌倉の隠れ家カフェで絶品カレーと贅沢タルト

    北鎌倉にあるおしゃれなカフェギャラリー「grand K」(グランケー)。 綺麗に整えられたお庭から…
ページ上部へ戻る