【編集部日誌】建功寺/萬燈除夜の鐘

大晦日 萬燈除夜の鐘

【追記】2018年大晦日から2019年1月1日(日)
皆様 あけましておめでとうございます。
徳雄山 建功寺にお参りしてきました。
『萬燈除夜の鐘』美しい幽玄の世界にひたってまいりました。

【某編集の休日散歩】12/30(日)鶴見区馬場
毎年気になっていたが、今年こそは『萬燈除夜の鐘』を見たいと
準備状況をチェックしに大晦日前日の建功寺に訪れた。
山門を抜けた樹木のアーチや山道の竹灯篭のセッティングも完了している様子。
灯りが灯るのが楽しみだ。

【萬燈除夜の鐘とは】
大晦日の深夜23:30から開門。
竹と3500本のろうそくが照らし出す幽玄の灯が新年の喜びに彩を添える『萬燈除夜の鐘』。
これらの灯篭は作庭家でもあるご住職が教鞭をとる多摩美術大の学生たちによるデザイン、毎年異なる幻想的な風景が楽しめる。
今年の萬燈除夜の鐘は2019年の干支でもある「猪目」がテーマ。
このハート形とよく似た「猪目」=猪の目は暗闇でも光り、他の動物も寄り付かないことから、日本では昔から「魔除け」の象徴とのこと。

↓画像をクリックすると拡大されます

【編集部日誌】一覧はこちら

編集部イチオシ

  1. ABBA RESORTS IZU 坐漁荘

    老舗旅館を守りたい  クラウドファンディングでの支援開始

    【坐漁荘】伊豆高原 五十年を超える老舗旅館を守りたい 新型コロナウイルスの感染拡大による売上減…
  2. Anda美術品鑑定部

    Anda 「美術品鑑定部」 お宝無料鑑定!

    あなたの家の美術品を査定してみませんか Anda美術品鑑定部で無料査定ができます。 [con…
  3. 「プロのアイロン台を家庭へ」という想いから手掛けた「サイトウ・アイロン・ボード」

    職人の技が光る「究極の仕上がり」を 追求した高級アイロン台

    立ったままアイロン掛けができる「スタンドタイプ」 カーブした表面に、先端部の湾曲と袖が付いたスタン…
  4. シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」

    10年着られる 上質な1枚を

    シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」 産地と連携して織りあげた…
ページ上部へ戻る