【編集部日誌】建功寺/萬燈除夜の鐘

大晦日 萬燈除夜の鐘

【追記】2018年大晦日から2019年1月1日(日)
皆様 あけましておめでとうございます。
徳雄山 建功寺にお参りしてきました。
『萬燈除夜の鐘』美しい幽玄の世界にひたってまいりました。

【某編集の休日散歩】12/30(日)鶴見区馬場
毎年気になっていたが、今年こそは『萬燈除夜の鐘』を見たいと
準備状況をチェックしに大晦日前日の建功寺に訪れた。
山門を抜けた樹木のアーチや山道の竹灯篭のセッティングも完了している様子。
灯りが灯るのが楽しみだ。

【萬燈除夜の鐘とは】
大晦日の深夜23:30から開門。
竹と3500本のろうそくが照らし出す幽玄の灯が新年の喜びに彩を添える『萬燈除夜の鐘』。
これらの灯篭は作庭家でもあるご住職が教鞭をとる多摩美術大の学生たちによるデザイン、毎年異なる幻想的な風景が楽しめる。
今年の萬燈除夜の鐘は2019年の干支でもある「猪目」がテーマ。
このハート形とよく似た「猪目」=猪の目は暗闇でも光り、他の動物も寄り付かないことから、日本では昔から「魔除け」の象徴とのこと。

↓画像をクリックすると拡大されます

【編集部日誌】一覧はこちら

編集部イチオシ

  1. 独自のファンタジー世界を構想するJ.R.R.トールキン

    ロード・オブ・ザ・リングを生んだ J.R.R.トールキン、激動の青年時代

    (C)2019Twentieth Century Fox ドワーフやエルフのいる剣と魔法のファンタ…
  2. 9/12木 高齢者の住まい バス見学会

    9/12(木)バス見学会/自分に合った住まいのカタチを 探しに行こう!!

    2種類の高齢者施設を比較検討 生涯快適に暮らすために、元気なうちから住まいを検討するのが得策。 …
  3. ヤマハ 大人の音楽レッスン

    「やりたい」のスタートに年齢制限はない。それが大人の音楽。

     楽器を手にして音楽を楽しむミドルからシニアエイジが増えている。初心者だが憧れの楽器に挑戦してみたい…
  4. 裸眼の生活で行動力もアップします!

    小さな文字が読みにくい、新聞や本を読む時につい遠くに離してしまう、といった症状で気づく場合が多い老眼…

編集部日誌

  1. アイスキッチンタピオカ
ページ上部へ戻る