【編集部日誌】行ってきました! お城EXPO 2019

パシフィコ横浜で行われている お城EXPO2019

今年もパシフィコ横浜で行われている、お城EXPOの初日におじゃましてきました。

2019年12月20日(金)の前夜祭に続き、メインイベントの初日となる21日(土)も大盛況。開城前から多くの人が列を作っていました。
入場ゲートを入ると武者所ブースがお出迎え。気軽に記念撮影にも応じてくれます。
お城EXPO 2019 開城の様子

まずは3階の城めぐり観光情報ゾーンへ

自治体や企業のブースが並び、お祭りのような賑わい。
各ブースも趣向をこらしたお楽しみがあり楽しめました。
お城EXPO 2019 3F
お城EXPO 2019 3F

お城EXPO 2019 3F 城めぐり観光情報ゾーン
お城EXPO 2019 3F 城めぐり観光情報ゾーン
お城EXPO 2019 3F 城めぐり観光情報ゾーン

デジタル想定復元された「大坂冬の陣図屛風」を関東初展示!

4階には「天下の行方~大阪の陣その後~」と題して、関東初公開となる資料を含む貴重な資料の展示が行われています。
デジタル復元された「大坂冬の陣図屏風」は人物だけでも2300人が描かれ、合戦の様子が伝わる迫力ある屏風でした。※拡大した部分は真田丸
デジタル想定復元された「大坂冬の陣図屛風」真田丸
デジタル想定復元された「大坂冬の陣図屛風」

お城のことがもっと分かる 展示コーナー

4階には、小・中学生から募集した自由研究コンテストの優秀作品を展示。
独創的な発想の研究発表は必見のコーナーです。
お城EXPO 2019 小・中学生から募集した自由研究コンテスト
3階では日本100名城・続日本100名城のパネルが現存12天守の模型とともに展示されています。城郭写真家による写真展も美しく、城めぐりの旅に出たくなります。
お城EXPO 2019
お城EXPO 2019

ほかにもお城のスペシャリストたちが登壇するフォーラム&トークショー(1階)や
お城シアターやステージイベント(5階)、ワークショップ・セミナーなど(4階)
ためになるプログラムが日替わりでたくさんありました。

城グッズやゆるキャラで もっと楽しむ

お城に関するグッズが並ぶ物販コーナー。マニアックなものから手軽に楽しめるものまで、いろいろあります。3階の公式お城グッズのコーナーでは御朱印ならぬ御城印も。
お城EXPO 2019
お城EXPO 2019

1階の城下町物販コーナーも個性的な商品が並びます。
お城ジオラマ復元堂さんの上田城のジオラマは必見。横浜の小机城のジオラマもありました。未塗装の城郭模型は意外に安く、自分でこつこつ作りこんでいくのも楽しそう。
お城EXPO 2019
お城EXPO 2019

たくさんの自治体が参加しているため、いたるところにゆるキャラが出現します。気軽に撮影にも応じてくれました。
お城EXPO 2019
お城EXPO 2019

ブースをひと回りするとこんなにたくさんの資料やパンフレットが。家に帰ってゆっくり読んで楽しみます。
4回目となる今年の開催は、過去最大の99団体の出展で大盛況。
男女問わず幅広い年代の方が来場しており、
初心者からから上級者までそれぞれの楽しみ方で過ごしている姿が印象的でした。
お城EXPO 2019

会場ミニ情報

会場5Fには休憩エリアがあり、全国各地のお弁当が販売されています。
十分なスペースがあるのでゆっくりと昼食をとることができます。
今回は崎陽軒の炒飯弁当(950円)と、こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当(1280円)をいただきました。
お城EXPO 2019
各階にも窓際の景色のよい箇所にちょっとした休憩をとる場所があります。
トイレや喫煙所も多いので混雑なく利用できました。
出口でスタンプを押してもらえば入退城も自由なので、近隣で昼食をとることも可能です。

「お城EXPO 2019」2019年12月21日(土)・12月22日(日)開催
イベント概要はこちら

編集部イチオシ

  1. シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」

    母の日のプレゼントに10年着られる 上質な1枚を

    シャツ好きを魅了する 横浜生まれのオリジナルシャツ「STRIPES」 産地と連携して織りあげた…
  2. 北海道産の新鮮な野菜を食卓に

    ホテルで使用されているこだわり野菜 全国23箇所でホテル・旅館を運営する野口観光グループは、宿泊客…
  3. 家で気軽に楽しめる本格ワイン

    ワイン通のみならず、海外のワイン生産者もわざわざ訪れるお店が「ロックス・オフ」。店主は前職からワイン…
  4. 損をしない相続税対策を

    人生100年時代の到来、ご自身の今後の生活やご家族の将来を考えると、どのように財産を継承していくかは…
ページ上部へ戻る