和の心がもてなす「日本船」の魅力

一生に一度は体験したい憧れのクルーズ旅行。旅行先の国にそれぞれ特色があるように、クルーズ船にもそれぞれ独自の個性や特色があります。その中でも日本船は日本のお客様の習慣や好みに合わせた施設とサービスが充実。船内で日本語が通じるのはもちろんのこと、和食や洋食のフルコースなど趣向を凝らした料理、大浴場、ノーチップ制など外国船にはない「和のサービス」が魅力です。
今回は初めてのクルーズ旅行にもおすすめの3つの日本船をご紹介!コース、日程、どんな体験ができるかなど、目的に合わせ自分にぴったりの船旅プランを思い描いてみてはいかがでしょうか。

 

飛鳥Ⅱ
日本誇りの贅なる船

yusen01
船上での感動が多くのリピーターを虜にする日本最大の客船。徹底された一流ホスピタリティと充実したサービスで極上の非日常を演出します。スタイリッシュと和が融合した船内には美食を堪能するレストランやバー、フィットネス施設、ショーステージなど各種設備も充実。また講座や教室など多彩な船内プログラムも用意され楽しみが尽きることはありません。

yusen02 yusen03

yusen04

高級ホテル同様のフルコースに舌鼓、大海原を眺める展望風呂でリラックス、ドレスアップしてショーやカジノなど華やかなエンターテイメントを満喫…と自由気ままに至福のひとときを過ごせます。

 

にっぽん丸
にっぽんの心でおもてなし

yusen09

「大人のための豊かな国」をテーマに、美食・おもてなし・愉しみを追及した海の上の暮らしを提案する客船。「美味なる船」と称されるほどの美食も人気の理由で、人気ソムリエセレクトのワインとのマリアージュも愉しみの一つ。

yusen10 yusen11 yusen12

解放感溢れるダイニングと厳選された海の幸を提供する寿司バーが食の楽しみをさらに広げてくれます。またスイートルームの専任バトラーサービスや世界的高級ブランド「TERRAKE」のスパ&サロンなど滞在をより上質にする寛ぎのサービスも受けられます。

 

 

ぱしふぃっくびいなす
初クルーズでも安心のアットホーム感

yusen05

自然をモチーフにした美しいパブリックスペースなど、心地よくあたたかい雰囲気は客船のコンセプトである「ふれんどしっぷ」そのもの。人と人との繋がりを大事に、たくさんの出会いが待つ感動のクルーズライフを送れます。シェフ自慢の料理は旬の食材や寄港地ならではの特産品を取り入れた、体に優しくぬくもり溢れる逸品。全室オーシャンビューの開放感溢れるキャビンで優雅にのんびりと過ごせます。

yusen06 yusen07 yusen08

短期間の日程で比較的リーズナブルなコースもあるのでクルーズが初めての方にもおすすめです。

 

おすすめクルーズ LINE UP

飛鳥Ⅱ
夏の北海道クルーズAコース 10日間
横浜→函館→小樽→稚内→網走→十勝→横浜
旅行代金:374,000円〜1,886,000円

 

にっぽん丸
にっぽん丸紀行 〜スペシャルエンターテイメント〜 3日間
横浜→津→横浜
旅行代金:96,000円〜455,000円

 

ぱしふぃっくびいなす
風薫る東北三陸クルーズ 4日間
横浜→石巻→大船渡→横浜
旅行代金:131,000円〜540,000円

お申込・お問い合せ・パンフレットのご請求
郵船トラベルクルーズセンター
045-640-6560
郵船トラベルクルーズセンターHP

編集部イチオシ

  1. 試乗モニターキャンペーン LEXUS 1DAY TRIP

    レクサス藤沢・レクサス都筑見花山 試乗モニターキャンペーン

    試乗モニターキャンペーン「LEXUS 1DAY Trip」レクサス藤沢・レクサス都筑見花山ではレクサ…
  2. レクサスLC500hと読者モニターT様

    レクサス都筑見花山 第1回 試乗モニター「LEXUS 1DAY Trip」体験リポート

    試乗モニターを体験されたT様ご夫妻。以前からレクサスに興味がおありだった奥様からご応募頂き、「LC」…
  3. レクサスLS300hと読者モニター橋本様

    レクサス藤沢 第1回 試乗モニター「LEXUS 1DAY Trip」体験リポート

    試乗モニターを体験された橋本様。スポーツセダン「IS300h」で新緑が眩しい箱根のドライブを楽しまれ…
  4. 【河村都】ハッピーシニアの参考書_表紙

    40代からシニア世代へ、人生の後半戦を応援する「ハッピーシニアの参考書」

    「脱・孫ブルー」など数々のヒットワードを生み出す コミュニケーションアドバイザー 河村都さんの著書…

美味だより

  1. 全席オーシャンビュー、リゾート気分を満喫
  2. 基本の一飯一汁と向付に副菜
  3. 特別な日にこそいただきたい本格フレンチの一品
ページ上部へ戻る