家で大人しく聴く音楽

jk6
最近、音楽は家で大人しく聴くようにしている。コンサートへは行かない。自宅で音楽を聴けば、むずかしい曲でも繰り返し聴けるし、あまり演奏されない曲をいつでも聴ける。また、自分の好きな(亡くなった指揮者や奏者の)演奏を聴くことができ、トイレにも行ける! 一方、生演奏の魅力は、ダイナミックレンジが広い(小さな音はより小さく、大きな音はより大きい)ことくらいだろうか。相対的に見て、クラシック音楽は自室で、オーディオ装置で聴くものになったのである。

全く別の立場から同じ結論に達した人がいた。ピアニストのグレン・グールド(1932 ー82)だ。グールドはキャリア半ばの1964 年に「コンサート・ドロップアウト宣言」を発し、以後はいっさい人前では演奏せずに、スタジオで録音したレコードを介してのみ、聴衆とつながった異色の音楽家だった。彼はコンサートで弾くことに極度のわずらわしさや不完全さを感じていた。私がコンサートに行ったとき、様々な不満や不都合を感じたように。

独りで聴くために奏でられたグールドの音楽は、実際、非常に心地よい。磨き抜かれた音の粒子が部屋中に満ちあふれる、そんな感覚に誘ってくれる。グールドといえば一般にはJ.S. バッハのスペシャリストだが、ここではハイドンの「最後の6 つのピアノ・ソナタ」を紹介したい。これは本当に素晴らしい演奏だ。1980、81年の収録というから、グールドの最晩年にあたる。ピアノはスタインウェイとヤマハの両方を使っているので、そのあたりの聴き比べも面白いかもしれない。

朽木 護  音楽ライター

 

 

編集部イチオシ

  1. 横浜ロイヤルパークホテル、68F フレンチレストラン「ル シエール」

    11/22「いい夫婦」の日。ふたりで過ごす特別な時間を。

    11月22日は「いい夫婦」の日。 おふたりで大切なひとときをお過ごしください。 横浜ロイヤルパー…
  2. ランドマークタワー49Fからの眺望、インターコンチネンタル等、みなとみらいが見える

    Anda10月号プレゼント~ランドマークフィットネスクラブ/特別ご招待券

    横浜ロイヤルパークホテル49F 天空の極上フィットネスを無料体験(ペア10組20名様) 横浜ロイ…
  3. 帽子のデザイン性とヘルメットの安全性がひとつになったカポル

    カジュアルな着こなしが楽しめる自転車用ヘルメット

    帽子感覚で安全・安心をオシャレに! アーバンスタイルで自転車に乗りたい人に人気のアイテム 健…
  4. GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ)

    国内累計販売台数50万台達成記念特別仕様車“Black Sequence”

    GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ) LEXUS、GS、I…

美味だより

  1. 全席オーシャンビュー、リゾート気分を満喫
  2. 基本の一飯一汁と向付に副菜
  3. 特別な日にこそいただきたい本格フレンチの一品
ページ上部へ戻る