家で大人しく聴く音楽

jk6
最近、音楽は家で大人しく聴くようにしている。コンサートへは行かない。自宅で音楽を聴けば、むずかしい曲でも繰り返し聴けるし、あまり演奏されない曲をいつでも聴ける。また、自分の好きな(亡くなった指揮者や奏者の)演奏を聴くことができ、トイレにも行ける! 一方、生演奏の魅力は、ダイナミックレンジが広い(小さな音はより小さく、大きな音はより大きい)ことくらいだろうか。相対的に見て、クラシック音楽は自室で、オーディオ装置で聴くものになったのである。

全く別の立場から同じ結論に達した人がいた。ピアニストのグレン・グールド(1932 ー82)だ。グールドはキャリア半ばの1964 年に「コンサート・ドロップアウト宣言」を発し、以後はいっさい人前では演奏せずに、スタジオで録音したレコードを介してのみ、聴衆とつながった異色の音楽家だった。彼はコンサートで弾くことに極度のわずらわしさや不完全さを感じていた。私がコンサートに行ったとき、様々な不満や不都合を感じたように。

独りで聴くために奏でられたグールドの音楽は、実際、非常に心地よい。磨き抜かれた音の粒子が部屋中に満ちあふれる、そんな感覚に誘ってくれる。グールドといえば一般にはJ.S. バッハのスペシャリストだが、ここではハイドンの「最後の6 つのピアノ・ソナタ」を紹介したい。これは本当に素晴らしい演奏だ。1980、81年の収録というから、グールドの最晩年にあたる。ピアノはスタインウェイとヤマハの両方を使っているので、そのあたりの聴き比べも面白いかもしれない。

朽木 護  音楽ライター

 

 

編集部イチオシ

  1. 試乗モニターキャンペーン LEXUS 1DAY TRIP

    レクサス藤沢・レクサス都筑見花山 試乗モニターキャンペーン

    試乗モニターキャンペーン「LEXUS 1DAY Trip」 レクサス藤沢・レクサス都筑見花山ではレ…
  2. セカンドライフ発見セミナー&フェアin鎌倉プリンスホテル

    5/30(水)セカンドライフ発見セミナー&フェア/入場無料/鎌倉プリンスホテル

    すでに第3回を数える人気のイベントが鎌倉プリンスホテルで開催 「人生100年時代。もっと輝くセカン…
  3. 世界シェアNo.1インプラントメーカー、ストローマンから招待される専門医

    インプラント『材料にこだわり続けて』30年 医療法人社団角理会 鵠沼アルカディア歯科 インプラン…
  4. 引き締まったウエスト 美しい姿勢に乗馬でフィットネス!

    新しい趣味を見つけたい!若々しさをキープしたい!という方におすすめの乗馬。日常を忘れ、馬に触れる癒し…

美味だより

  1. 希少といわれる葉山牛のコク深いビーフシチュー
  2. 隠れ家イタリアンこだわりの一皿
  3. お寿司・ステーキ・天ぷらと欲張りに楽しめる旭コース
ページ上部へ戻る