家で大人しく聴く音楽

jk6
最近、音楽は家で大人しく聴くようにしている。コンサートへは行かない。自宅で音楽を聴けば、むずかしい曲でも繰り返し聴けるし、あまり演奏されない曲をいつでも聴ける。また、自分の好きな(亡くなった指揮者や奏者の)演奏を聴くことができ、トイレにも行ける! 一方、生演奏の魅力は、ダイナミックレンジが広い(小さな音はより小さく、大きな音はより大きい)ことくらいだろうか。相対的に見て、クラシック音楽は自室で、オーディオ装置で聴くものになったのである。

全く別の立場から同じ結論に達した人がいた。ピアニストのグレン・グールド(1932 ー82)だ。グールドはキャリア半ばの1964 年に「コンサート・ドロップアウト宣言」を発し、以後はいっさい人前では演奏せずに、スタジオで録音したレコードを介してのみ、聴衆とつながった異色の音楽家だった。彼はコンサートで弾くことに極度のわずらわしさや不完全さを感じていた。私がコンサートに行ったとき、様々な不満や不都合を感じたように。

独りで聴くために奏でられたグールドの音楽は、実際、非常に心地よい。磨き抜かれた音の粒子が部屋中に満ちあふれる、そんな感覚に誘ってくれる。グールドといえば一般にはJ.S. バッハのスペシャリストだが、ここではハイドンの「最後の6 つのピアノ・ソナタ」を紹介したい。これは本当に素晴らしい演奏だ。1980、81年の収録というから、グールドの最晩年にあたる。ピアノはスタインウェイとヤマハの両方を使っているので、そのあたりの聴き比べも面白いかもしれない。

朽木 護  音楽ライター

 

 

編集部イチオシ

  1. レクサス都筑見花山 第3回 試乗モニターキャンペーン

    第3回 試乗モニターキャンペーン「LEXUS 1DAY Trip」 レクサス都筑見花山ではレクサス…
  2. 海岸に佇む犬

    【ペット特集】大切なペットとの暮らし かけがえのない時間を 安心して過ごすためにできること

    忙しい生活を送るストレス多き現代人にとって、ペットは疲れた心を癒やしてくれるかけがえのないパートナー…
  3. 坐漁荘で行われるイベント 日本刀祭「新撰組と名刀たち」

    【ABBA RESORTS IZUー坐漁荘50周年特別企画】 日本刀祭「新選組と名刀たち」

    海と山の旬を贅沢に味わう美食、心身癒される名湯を愉しめる坐漁荘。日本文化の伝承にも重きをおき、和文化…
  4. 大手2社の一括不動産査定、QUOカードプレゼントも。

    大手2社が一括査定で一度に比較。不動産売却・相続のモヤモヤをスッキリ解決。

    「野村の仲介 +(PLUS)」「三菱UFJ不動産販売」 信頼・納得できる大手の査定額をチェック。 …

美味だより

  1. レストラン_レネ、旬のホワイトアスパラガス
ページ上部へ戻る