家で大人しく聴く音楽

jk6
最近、音楽は家で大人しく聴くようにしている。コンサートへは行かない。自宅で音楽を聴けば、むずかしい曲でも繰り返し聴けるし、あまり演奏されない曲をいつでも聴ける。また、自分の好きな(亡くなった指揮者や奏者の)演奏を聴くことができ、トイレにも行ける! 一方、生演奏の魅力は、ダイナミックレンジが広い(小さな音はより小さく、大きな音はより大きい)ことくらいだろうか。相対的に見て、クラシック音楽は自室で、オーディオ装置で聴くものになったのである。

全く別の立場から同じ結論に達した人がいた。ピアニストのグレン・グールド(1932 ー82)だ。グールドはキャリア半ばの1964 年に「コンサート・ドロップアウト宣言」を発し、以後はいっさい人前では演奏せずに、スタジオで録音したレコードを介してのみ、聴衆とつながった異色の音楽家だった。彼はコンサートで弾くことに極度のわずらわしさや不完全さを感じていた。私がコンサートに行ったとき、様々な不満や不都合を感じたように。

独りで聴くために奏でられたグールドの音楽は、実際、非常に心地よい。磨き抜かれた音の粒子が部屋中に満ちあふれる、そんな感覚に誘ってくれる。グールドといえば一般にはJ.S. バッハのスペシャリストだが、ここではハイドンの「最後の6 つのピアノ・ソナタ」を紹介したい。これは本当に素晴らしい演奏だ。1980、81年の収録というから、グールドの最晩年にあたる。ピアノはスタインウェイとヤマハの両方を使っているので、そのあたりの聴き比べも面白いかもしれない。

朽木 護  音楽ライター

 

 

関連記事

編集部イチオシ

  1. 小田原六左衛門お茶漬け

    【編集部日誌】小田原駅直結・老舗魚商の直売所でいただく極上魚介

    小田原駅直結の商業施設「ミナカ小田原」にある「小田原新城下町」は江戸時代にワープしたかのような街並み…
  2. 《Anda編集 おやつ部》たっぷりフルーツを味わう鎌倉の「大人」パフェ

    鎌倉、若宮大路にオープンしたばかりのパフェバー「fruteria 7」(フルテリア シエテ)。 コ…
  3. 全国各地のクラフトビールを、家庭用本格ビールサーバーで!

    6月からは新たに7銘柄が追加され 取扱い銘柄は全国49社97銘柄(6/14現在)に。 ビール配送…
  4. 松原庵すだち鬼おろしそば

    【編集部日誌】爽やかな見た目と味に舌鼓!鎌倉の名物お蕎麦

    松林に建てられた古民家をリノベーションした蕎麦の名店「鎌倉 松原庵」。 毎日職人さんが店内で手打ち…
ページ上部へ戻る