裸眼の生活は行動力もアップします!みなとみらいアイクリニック

小さな文字が読みにくい、新聞や本を読む時につい遠くに離してしまう、といった症状で気づく場合が多い老眼。今回は「老眼治療」で豊富な実績を持つ、みなとみらいアイクリニックの荒井宏幸院長に話を聞きました。

iDesign_fullview-(3)

MM

荒井宏幸院長

近視矯正手術・白内障手術を中心に眼科手術医療を専門とする。
米国でLASIK 手術を学び、国内に導入した実績から、現在は眼科医に対する手術指導・講演も行う。
数多くのスポーツ選手・タレントのLASIK を手がけ、TV 出演も多数。

老眼というと高齢者の悩みというイメージがありますが、実は平均して45歳前後から始まります。「自分はまだ老眼のはずはない」と認めたくない気持ちは誰にでもありますが、我慢していると症状はどんどん進行します。さらには頭痛、肩こり、めまいなど体の他の部分にも悪影響が及ぶこともあるので気づいたら早めに受診するのがベストです。

老眼の症状の方に「老眼鏡をかけるのなんて嫌だ」という理由で放っておく方もいらっしゃいます。確かに老眼鏡をかけることは煩わしく、イメージもあまり良くはありません。そんな悩みを解消するのが老眼治療です。「みなとみらいアイクリニック」は医療関係者や県外の方も通院する視力矯正専門クリニックです。

多種多様な老眼治療

「モノビジョンレーシック」は左右の目の視力に差をつける老眼の方向けのレーシック。視力の良い目で遠くを、視力の低い目で近くを見やすくするよう調整し、両目で見た時に遠近がある程度眼鏡なしで見えるようになります。

「アキュフォーカスリング」や「レインドロップ」は角膜内に小さなリングやレンズを挿入して近くを見やすくする方法です。その他白内障の手術の際に遠近両用眼内レンズを挿入するなど、色々な治療法がありますが、大事なのは自分のライフスタイルに合った方法を選択する事です。

費用はこれぐらい、趣味を続けたいので手元が良く見え、遠くは少し離れた相手の顔が分かる程度でいいなど希望は人それぞれ。当院では最初に詳しく目の検査をした後、各治療法のメリット、デメリットを説明しながら最適な治療法をアドバイスしています。

東日本大震災では眼鏡が破損した、コンタクトの替えが無い、水が使えず洗浄できなかったなど不便を感じ困った方が多くいらっしゃったようです。裸眼で物が見えるという大切さがあらためて注目されているでしょう。また裸眼の快適な生活は、見た目も心も若々しくなり行動力も上がります。老眼鏡はかけたくない、どの治療法がいいのか分からない、という方はぜひ無料の適応検査を受けてみましょう!

 

 

関連記事

編集部イチオシ

  1. 全国各地のクラフトビールを、家庭用本格ビールサーバーで!

    6月からは新たに7銘柄が追加され 取扱い銘柄は全国49社97銘柄(6/14現在)に。 ビール配送…
  2. グランドプリンスホテル新高輪(ノンアルコールカクテル「Cloud Nine」)

    プリンスホテル~バー・ラウンジ、結婚披露宴で楽しめるノンアルコールカクテル

    緊急事態宣言で注目が集まるノンアルコール飲料「ノンアルコールカクテル」のラインナップを拡充 株…
  3. 《Anda編集 おやつ部》8月にオープンしたティモーネの姉妹店、ジェラトリア 〝Toc tooc〟

    イタリア語でドアをノックする音、〝トクトック〟 原材料からこだわり抜いたフレーバー。生の果実や…
  4. グランピングで 特別な体験を Andaおすすめ ワンランク上のアウトドア体験

    グランピングで特別な体験を ワンランク上のアウトドア体験

    glamorous + camping Andaおすすめ ワンランク上のアウトドア体験 ド…
ページ上部へ戻る