平均して45歳前後から始まる老眼。その「老眼治療」の最前線。

小さな文字が読みにくい、新聞や本を読む時につい遠くに離してしまう、といった症状で気づく場合が多い老眼。今回は「老眼治療」で豊富な実績を持つ、みなとみらいアイクリニックの荒井宏幸医師に話を聞きました。

老眼というと高齢者の悩みというイメージがありますが、実は平均して45歳前後から始まります。「自分はまだ老眼のはずはない」と認めたくない気持ちは誰にでもありますが、老眼は年齢とともに進行します。我慢したり、度数のあわない眼鏡をかけたりしていると、頭痛、肩こり、めまいなど体の他の部分にも悪影響が及ぶこともあるので、気づいたら早めに受診するのがベストです。

老眼の症状の方に「老眼鏡をかけるのなんて嫌だ」という理由で放っておく方もいらっしゃいます。確かに老眼鏡をかけることは煩わしく、イメージもあまり良くはありません。そんな悩みを解消するのが老眼治療です。「みなとみらいアイクリニック」は医療関係者や県外の方も通院する視力矯正専門クリニックです。

多種多様な老眼治療
「モノビジョンレーシック」は左右の目の視力に差をつける老眼の方向けのレーシック。視力の良い目で遠くを、視力の低い目で近くを見やすくするよう調整し、両目で見た時に遠近がある程度眼鏡なしで見えるようになります。

白内障手術では、ほとんどのケースで眼内レンズが同時に挿入されています。近年では、手術後になるべく老眼鏡を使いたくないという希望で、保険適用外で遠近両用の眼内レンズを選択される方が増えてきています。保険適用の場合、単焦点の眼内レンズが使用されており、老眼鏡が必要となることが多いのですが、「遠近両用のレンズに変えたい」というご希望の方には、すでに挿入されている単焦点眼内レンズの表面にもう一枚「アドオンレンズ」を加えて、遠近両用の状態にすることが可能になりました。「アドオンレンズ」には、遠近両用のタイプと、近視・遠視・乱視を矯正するタイプがそろっています。

費用はこれぐらい、趣味を続けたいので手元が良く見え、遠くは少し離れた相手の顔が分かる程度でいいなど希望は人それぞれ。当院では最初に詳しく目の検査をした後、各治療法のメリット、デメリットを説明しながら最適な治療法をアドバイスしています。

老眼鏡はかけたくない、どの治療法がいいのか分からない、という方はぜひ無料の適応検査を受けてみましょう!

自由診療・完全予約制
●遠近両用 眼内レンズを使用した白内障手術
片眼…800,000円〜
●レーシック
片眼…230,000円〜

医療法人社団ライト理事長 荒井 宏幸
近視矯正手術・白内障手術を中心に眼科手術医療を専門とする。米国でLASIK手術を学び、国内に導入した実績から、現在は眼科医に対する手術指導・講演も行う。数多くのスポーツ選手・タレントのLASIKを手がけ、TV出演も多数。

老眼矯正・LASIK無料説明会
老眼説明会 5/19(土), 6/9(土)
LASIK無料説明会 5/26(土), 6/23(土)

両日とも14時〜約1時間
会場:みなとみらいクイーンズタワーC 4階
受付:みなとみらいクイーンズタワーC 8階 みなとみらいアイクリニック
受付窓口までお越しください。会場までご案内いたします。
専門医による老眼矯正・レーシックの説明会です。手術方法の紹介、検査のすすめ方など。下記電話またはホームページから申し込みください。

お申込み・お問い合わせは
TEL:0120-17-4455

みなとみらいアイクリニック
受付時間10:00〜12:00/13:00〜18:00 日・火・祝休
定員になり次第〆切らせていただきます。

みなとみらいアイクリニック

横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC8F
TEL:0120-17-4455
診療時間:10:00〜12:00/13:00〜18:00
休診日:日・火・祝日
http://www.minatomiraieye.jp

編集部イチオシ

  1. 2020年4月、横浜北仲エリアに待望の「ビルボードライブ横浜」がオープン

    オールジャンルの音楽ファンを魅了!! ビルボードライブ横浜が4月OPEN

    「歴史と伝説を紡ぐ夜」 横浜の音楽文化に新たな明かりを灯すライブ空間 100年以上の歴史を持ち、…
  2. Anda杯 in 葉山国際カンツリー倶楽部 【4月21日開催】

    Anda杯 in 葉山国際カンツリー倶楽部 【4月21日開催】

    Anda主催のゴルフコンペ「Anda杯」 2020年4月21日(火)開催決定! 湘南の春、うらら…
  3. 損をしない相続税対策を

    人生100年時代の到来、ご自身の今後の生活やご家族の将来を考えると、どのように財産を継承していくかは…
  4. 寿司あおいカウンター

    【編集部日誌】青葉台「寿司 あおい」レセプション

    独自の寿司文化「すし前」で、お寿司を気軽に楽しむ 2019年12月6日オープン、青葉台駅北口か…
ページ上部へ戻る