裸眼の生活は行動力もアップします!

小さな文字が読みにくい、新聞や本を読む時につい遠くに離してしまう、といった症状で気づく場合が多い老眼。今回は「老眼治療」で豊富な実績を持つ、みなとみらいアイクリニックの荒井宏幸医師に話を聞きました。

老眼というと高齢者の悩みというイメージがありますが、実は平均して45歳前後から始まります。「自分はまだ老眼のはずはない」と認めたくない気持ちは誰にでもありますが、老眼は年齢とともに進行します。我慢したり、度数のあわない眼鏡をかけたりしていると、頭痛、肩こり、めまいなど体の他の部分にも悪影響が及ぶこともあるので、気づいたら早めに受診するのがベストです。

老眼の症状の方に「老眼鏡をかけるのなんて嫌だ」という理由で放っておく方もいらっしゃいます。確かに老眼鏡をかけることは煩わしく、イメージもあまり良くはありません。そんな悩みを解消するのが老眼治療です。「みなとみらいアイクリニック」は医療関係者や県外の方も通院する視力矯正専門クリニックです。

多種多様な老眼治療

「モノビジョンレーシック」は左右の目の視力に差をつける老眼の方向けのレーシック。視力の良い目で遠くを、視力の低い目で近くを見やすくするよう調整し、両目で見た時に遠近がある程度眼鏡なしで見えるようになります。

白内障手術では、ほとんどのケースで眼内レンズが同時に挿入されています。近年では、手術後になるべく老眼鏡を使いたくないという希望で、保険適用外で遠近両用の眼内レンズを選択される方が増えてきています。保険適用の場合、単焦点の眼内レンズが使用されており、老眼鏡が必要となることが多いのですが、「遠近両用のレンズに変えたい」というご希望の方には、すでに挿入されている単焦点眼内レンズの表面にもう一枚「アドオンレンズ」を加えて、遠近両用の状態にすることが可能になりました。

「アドオンレンズ」には、遠近両用のタイプと、近視・遠視・乱視を矯正するタイプがそろっています。

費用はこれぐらい、趣味を続けたいので手元が良く見え、遠くは少し離れた相手の顔が分かる程度でいいなど希望は人それぞれ。当院では最初に詳しく目の検査をした後、各治療法のメリット、デメリットを説明しながら最適な治療法をアドバイスしています。

老眼鏡はかけたくない、どの治療法がいいのか分からない、という方はぜひ無料の適応検査を受けてみましょう!

医療法人社団ライト理事長 荒井 宏幸

近視矯正手術・白内障手術を中心に眼科手術医療を専門とする。米国でLASIK手術を学び、国内に導入した実績から、現在は眼科医に対する手術指導・講演も行う。数多くのスポーツ選手・タレントのLASIKを手がけ、TV出演も多数。

編集部イチオシ

  1. GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ)

    国内累計販売台数50万台達成記念特別仕様車“Black Sequence”

    GS450h 特別仕様車“Black Sequence”(ソニッククォーツ) LEXUS、GS、I…
  2. 社会的意義も高いハンドメイドのバッグ

    ファッションブランド「Beyond the reef」日吉にアトリエ兼ショップをオープン

    幅広い世代の女性から支持されている ハンドメイドの温もりがうれしい、大人かわいいバッグ 麻な…
  3. 葉山のプライベートレンタル邸宅”THE HOUSE”人気のセレクトショップ“Studio Route134”と、“葉山の新しいライフスタイル体験”をテーマとした”コラボカフェ“

    「葉山の新しいライフスタイル体験」をテーマとしたコラボカフェが8/18オープン

    葉山をもっとおしゃれに楽しめるカフェ ”Studio Route134 × THE HOUSE” …
  4. プチ自慢できちゃう世界に一つのハンドメイド

    ウェルカムボードやメッセージカードで使われる美しい文字「カリグラフィー」。西洋書道ともいわれ一見難し…

美味だより

  1. 全席オーシャンビュー、リゾート気分を満喫
  2. 基本の一飯一汁と向付に副菜
  3. 特別な日にこそいただきたい本格フレンチの一品
ページ上部へ戻る