【編集部日誌】展覧会「装いの横浜チャイナタウン―華僑女性の服飾史」

装いの横浜チャイナタウン入口

(左)着用者:松方珠英 陳玲子氏寄贈・横浜開港資料館所蔵 (右)着用者・提供者:鮑玉嬋氏

【編集部日誌】
横浜ユーラシア文化館で開催中の展覧会「装いの横浜チャイナタウン―華僑女性の服飾史」へ行ってきました。

1920年代頃から生まれた旗袍(チーパオ:チャイナドレス)の歴史や、
横浜開港以降、中華街で生活を送ってきた華僑女性達の服飾の移り変わりを見ることができる今回の展覧会。
中華圏独特の華やかな刺繍や布、紐ボタン等の細工は、眺めているだけで心が奪われました。
日本のブラック・フォーマル文化と融合した旗袍などの珍しい展示もあり一見の価値ありです!
また、衣服だけでなく昔の中華街の様子が写された写真なども豊富で、歴史を感じる事ができます。

物販のブースでは旗袍やシルク生地、小物の販売も。
人気なものは早い内から売れてしまったそうで、旗袍も残り僅かとなっていました。

↓画像をクリックすると拡大されます


※取材のため特別に写真を撮らせて頂きましたが、展覧会場内は撮影禁止となっています。(撮影スポットもあり)

装いの横浜チャイナタウン―華僑女性の服飾史

Clad in History and Glamour: Chinese Women and Their Clothing in Yokohama Chinatown
会期:2019年4月13日(土)~6月30日(日)
会場:横浜ユーラシア文化館
観覧料:一般300円、小・中学生150円

イベント詳細はコチラ

編集部イチオシ

  1. レクサス新型RXと箱根リトリートのヴィラ

    Anda読者体験モニター募集 LEXUS 2days Trip

    レクサスの走りと自然を五感で堪能する贅沢な時間。 新型RXで行く、箱根の紅葉と温泉を楽しむ旅。 …
  2. 「多焦点眼内レンズ」は先進医療制度改定前に早めのご検討を

    茅ヶ崎駅前という快適なアクセスの「シーサイド眼科茅ヶ崎」。地域密着の親しみやすい医院づくりを心掛け、…
  3. 独自のファンタジー世界を構想するJ.R.R.トールキン

    ロード・オブ・ザ・リングを生んだ J.R.R.トールキン、激動の青年時代

    (C)2019Twentieth Century Fox ドワーフやエルフのいる剣と魔法のファンタ…
  4. ヤマハ 大人の音楽レッスン

    「やりたい」のスタートに年齢制限はない。それが大人の音楽。

     楽器を手にして音楽を楽しむミドルからシニアエイジが増えている。初心者だが憧れの楽器に挑戦してみたい…

編集部日誌

  1. 小町通りから一本入った路地裏の奥にあるお茶専門店、鎌倉茶房「茶凛」
  2. 掃部山公園で行われる西区虫の音を聞く会
  3. ノンアルコールサングリア
ページ上部へ戻る