【編集部日誌】隠れた梅の名所 東方天満宮

隠れた梅の名所 東方天満宮

【編集部日誌】2021年2月21日 都筑区 東方天満宮

横浜市内の隠れた梅の名所として知られる東方天満宮へ行ってきました。
菅原道真を祀るお宮で、敷地内には約250本の紅白の梅が植えられており、花の香りを楽しみながら愛でることができます。
隠れた梅の名所 東方天満宮
東方天満宮の創建年代等は不詳ですが、古くより村の鎮守社として鎮座し、慶長年間に字天神山から当地へ遷座したそう。落ち着いた佇まいで地元の方に親しまれているといった風情。
都筑区内のみどりと花の名所25選にも選ばれています。

例年の見頃は2月中旬から3月上旬頃。一の鳥居の石段のあたりはピークは過ぎていましたが拝殿をとりまく梅はまだまだ見頃です。
隠れた梅の名所 東方天満宮
枝には歌を詠んだ短冊が。

地元の方々に親しまれている神社という事もあり、人も少なくみなさんソーシャルディスタンスをとりながら楽しんでおられました。
隠れた梅の名所 東方天満宮
毎年見頃の時期には町内会の方々による梅まつり「観梅会」が開催されているそうですが、今年はコロナ禍の影響で中止となっています。

今回は運動不足解消のため、自転車で訪れました。
コースは鶴見川サイクリングコースを起点に移動
新羽橋から港北産業道路(県道140)を西に2,200m行き、横浜南北線の高架の手前を北側に右折約1,000m程走れば天満宮目の前に到着します。
隠れた梅の名所 東方天満宮
最後の1kmは高低差の大きい上りと下り坂、頂上の美濃屋あられ 東方町本社を下ると山腹にはほんのり白とピンクに彩られた社殿を望むことができます。

境内の詳しい様子は動画で。香りをお届けできないのが残念です。

東方天満宮
センター南駅、仲町台駅より市営バス318系統「天満宮」下車すぐ
横浜市都筑区東方町1275

編集部イチオシ

  1. 『Huffnagel(フフナーゲル)』ブランドの「Oats Cookies Buttercream Filling Selection(オーツクッキー バタークリーム フィリングセレクション)」

    19世紀の横浜がモチーフ「時空を結ぶホテル」がテーマの洋菓子ブランド誕生

    洋菓子製造販売を手掛ける「株式会社かをり」が「19世紀のYOKOHAMAと時空を結ぶホテル」をテーマ…
  2. 今までになかったワイド&ローなプロポーションにこだわった「新IS」

    ビッグマイナーチェンジしたIS、その魅力。

    セールスコンサルタントが語る レクサス 最新情報 見た目もまったく新しい変化を遂げた走り屋のための…
  3. 空気清浄機外観。特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能

    新幹線で培った最先端の業務用空気清浄機で蓄積した技術をご家庭に。

    特許出願中の独自技術が詰まったクラス最高レベルの集塵、脱臭、除菌・抗ウィルス性能を持つ、家庭用の領域…
ページ上部へ戻る